現場データ・IoTデータの有効活用
カイゼン効果を金額で可視化
見積もり原価と実際原価のかい離率が判明

お客様のコメント

「GenKan」は武州工業が目指している「日々決算」を実現するためのツールになると期待しています。自社の情報収集の仕組みである「BIMMS」でデータは取れるようになりましたがなかなかそれを集計・活用することが出来ませんでした。IoT 機器を使ってリアルタイムに取れる情報を活用して個別原価計算に利用する。この新しい発想が理論的に裏付けられた考えに基づいて作られている。ここが素晴らしいと思います。 IoT 機器でデータを溜めても活用できなければ意味はありません。原価計算という会社全体に影響を及ぼす大きな視点で、出来そうで出来なかった事が実現できるということに繋がりました。これからも現場のデータを収集し、一緒になって精度向上に協力したいと思います。

ご利用のプラン

・データ利用プラン 10工程
 

 武州工業様取得済み機械データ10台

・センサー利用プラン 5工程
 

 加速度センサー3台

 カメラセンサー2台

 重量センサー2台